脳氣功師「佐藤恭章」が語る『潜在意識との体話録第二章/渦氣功への道標』

2015年11月04日

 前回の続き・・・その氣エネルギーを感じ取った脳がそれをキッチすることで、脳の中の氣(エネルギー)の流れもよくなります。まさにこれが脳活性化なのです。そして、氣の刺激を受けた脳神経は血流を強化させます。

それによって血流の流れもよくなるのです。脳への酸素と栄養が十分に供給されるようになります。これで脳と自律神経、身体全体がよい関係に結ばれ、良い環境を繰り返すことに繋がるのです。

脳へのヒーリングが身体全体への影響の大きさを分かって頂けたと思います。始めらにお話したと思いますが、「諸病の原因は脳にあり」に辿り着くのです。更に「すべての臓器は脳に通じる」と付け加えて置きます。

「すべての臓器は脳に通ずる」と言われるように、身体のどこかが病態になったとき、更に言うならば以前からそのような病態にあって、その病態から抜け出せない(いわゆる、トラウマ)などの症状が辿り着くのも脳です。

つまり諸病は回り回って脳(前頭葉)に辿り着くとの結論付けられます。腰痛一つ例にとっても、当初はなんらかの異常(例えば変位・打撲)で痛みが発生したとしても、その異常が何時までもそこにあるとは限りません。

実際には、もう腰の異常は改善されているにも拘わらず腰の痛み等を感じるのは、その痛みを脳(前頭葉)が潜在意識(特に右脳)に残してしまうからです。続きは次回へ・・・

PAGE TOP

お問合せ・ご予約・各種セミナーへのお申し込みはこちらから

各セミナー一覧
気功・整体の各種セミナー(要予約)は土・日曜日に開催しております。

ココロとカラダの休憩室「ほっと」

〒274-0823千葉県船橋市二宮1-30-8広浜荘B-104

[営業時間]
  • 平日・土曜10:00~18:00
  • 日曜10:00~16:00
[定休日]
木曜日
[教室の開催]
原則 土・日曜日 要予約
[電話番号]
047-767-8828または、080-5452-5444