塾長の徒然記・・・佐藤氣功(ことだま氣功)入門記6日目

2014年04月24日

 ■コラム文・・・佐藤氣功(ことだま氣功)入門記6日目

昨日もお話ししましたが、この入門記は、その日その日によって変わります。つまり、内容が必ずしも前日と続くとは限りません。なぜなら、昨日お話しした通り脳内にあるテープレコーダーの再生ポタンが一定でないからです。

つまり、昨日お話しした様に、日々の入門記がことだまとなつて私の施療を手助けしてくれている。そう、皆さんがこのコラムを見、聞きすることは私のことだま氣功療法を受けているということになります。

今日私の脳から出ることだまは、『脳は生体コンピュータ』です。

自分の脳の中にある記憶(記録)ですから、その脳というボイスデコーダを取り扱うのは、持ち主であるあなたですから、そしてその中(脳内)にある全ての記憶(記録)もあなたの持物なのです。従って、自由自在に使えるのです。

ならば簡単ですね。この様にあなたの身体に乗っかっている頭の主(あるじ)あなたですから。更には、その頭の中に存在する左右の脳の主(あるじ)、つまり、持ち主のことである。これって他人の持物ではないことはあなた分っておりますよね。今更、自分の持物ではないと言わないで下さいね。

 

CCF20120621_00015.jpg

そ~う、あなたの持物です。主(あるじ)はあなたです。すなわち、『潜在意識との体話』は、自分の脳との体話であることは今更言うまでもないことですが、従って、潜在意識、つまり脳との体話超簡単であるはずですが?

はずですが?・・・如何でしょうか。でも現実はどうかと言うとここに最大の難所が待ち構えているのが人生です。しかし、私たちは、どんな人でも平等に素晴らしい生体コンピュータという『脳』を神(自然界)から授かっておりまが、通常のコンピュータのような取り扱い説明書がないのです。

従って、私たちは自分なりきマニアルを作らなければなりません。このマニアル作りで皆さんは難儀するのです。

しかし、皆さんが無いと思っているマニアルは実はあなたの脳の中にあるのです。それもあなたがこの世に生まれる前にあなた自身が設計してあるのです。よって、あなたが作った設計図(マニアル)ですから観覧は簡単なのです。しかし、その観覧には一つの手続きが必要なのです。その手続きとは、脳とのコミニューケーション(信頼関係)を結ばなくては観覧出来ないようになっているのです。

そう、繰り返しになりますが、人は生まれる前に、自分の人生を決めて生まれて来ますが、その時点(生まれる時)でせっかく決めた記憶(設計図)を全て忘れてしまいますが、その記憶(これからの運命『人生しかり』の設計図)らは、全てあなたの脳の中に残されているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    


 

PAGE TOP

お問合せ・ご予約・各種セミナーへのお申し込みはこちらから

各セミナー一覧
気功・整体の各種セミナー(要予約)は土・日曜日に開催しております。

ココロとカラダの休憩室「ほっと」

〒274-0823千葉県船橋市二宮1-30-8広浜荘B-104

[営業時間]
  • 平日・土曜10:00~18:00
  • 日曜10:00~16:00
[定休日]
木曜日
[教室の開催]
原則 土・日曜日 要予約
[電話番号]
047-767-8828または、080-5452-5444